介護福祉学科

 

2019年4月に開設する介護福祉学科は、地域の未来をつくる新しい福祉の学びの場として、地域ぐるみで高齢者等を支援する体制の構築や介護福祉サービスの充実など、多様化する地域福祉へのニーズに応える人材を養成する高等教育機関として、その役割を担っていくものです。

八戸を中心とした地域の介護施設や福祉施設を学びのフィールドとして、国家資格「介護福祉士」の取得を目指します。さらに、福祉・医療の現場で役立つ資格取得も目指すことができます。

 

授業紹介

介護の基本

日常生活にある安心や幸せを、福祉の視点から捉えて学習します。
高齢者や障がい者の生活を支えるために、地域はどうあるべきかを考えていきます。

 

 

生活支援技術

介護実習室や家政実習室などがある実習棟で、介護福祉士に必要な介護技術の実技指導を受けることができます。講師は、本学教員だけでなく、福祉・医療現場の第一線で働く専門職の方々が、それぞれ専門的な指導をします。

 

 

介護実習・介護総合演習

介護実習は、2年間で4回あります。様々な介護施設で高齢者や障がいを持つ利用者、そして職員と関わりながら、介護福祉士にふさわしい知識と技術を身につけます。
また、介護実習が効果的なものとなるように、介護総合演習で実習に必要な知識や技術を確認し、事前準備をすることができます。

 

 

 

 

 

レクリエーション

高齢者や障がい者が楽しく他者との交流ができるよう、さまざまなレクリエーションや遊びを体験して、レクリエーション活動を実施できるスキルを身につけます。

 

 

医療的ケア

加齢や障がいによって起こる症状などの基本的な医学知識を学ぶことができます。医療的な知識は、医療職やリハビリ専門職とのチームワークに役立てられます。