理念・目的・目標・方針

教育理念

福祉・介護サービスの中心的役割を担いうる、幅広い教養や総合的な判断力及び豊かな人間性を備えた職業人を育成する。

 

教育目的

介護の諸活動を主体的かつ合理的に行う能力と態度を育てることにより、福祉社会に貢献できる人材を育成する。

 

教育目標

  1. 介護の専門的知識と技術を有し、自立支援の観点から介護実践できる能力を身につけた介護福祉士を養成する。
  2. 利用者や家族の援助のためのコミュニケーション能力と、他職種協働による介護過程を展開できる能力を身につけた介護福祉士を養成する。

 

三つのポリシー(方針)

 

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  1. 介護実践の基盤となる教養と総合的な判断力および豊かな人間性を身につけている。
  2. あらゆる場面に汎用できる介護の知識と技術を有し、自立支援の観点から介護実践できる能力を身につけている。
  3. 利用者や家族の援助のためのコミュニケーション能力と、他職種協働による介護過程を展開できる能力を身につけている。

 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 教養と判断力および豊かな人間性を備えた介護職者を育成するための教養科目を配置する。
  2. 介護福祉士国家試験受験資格を取得するのに必要なカリキュラムを編成し、介護活動に関する専門的な知識と技術、さらには自発的に課題を発見し解決する能力を育てるための専門科目を配置する。
  3. コミュニケーションに関する知識と技術および他職種協働やチームケアを実践できる能力を養うための科目を配置する。

 

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)と判定方法

 介護福祉士国家資格を取得する強い意志を有し、介護福祉職として社会において活躍しようとする意欲がある人を受け入れる。

 

【介護福祉学科の具体的な受け入れ方針】

  1. 介護に対する強い興味と関心、短期大学教育に対する高い学習意欲を有している。
  2. 高等学校で履修した主要科目についての基本的な知識を有し、基礎的な課題を解くことができる。
  3. 自分の考えを口頭や文章により適切に表現することができ、他者に対して的確に伝えることができる。

 

【入学者選抜における判定方法】

  1. 介護に対する強い興味と関心、短期大学教育に対する高い学習意欲を有していることについては、面接により判定する。
  2. 高等学校で履修した主要科目についての基本的な知識を有し、基礎的な課題を解くことができることについては、書類審査と学力検査により判定する。
  3. 自分の考えを口頭や文章により適切に表現することができ、他者に対して的確に伝えることができることについては、面接および小論文により判定する。