看護学科

p_top-nurse.jpg

 

授業紹介

 

小児看護援助論

小児の特徴と小児疾患についての知識を習得し、健康課題を持つ子どもとその家族への援助方法を学ぶ授業です。代表的な小児疾患や検査・処置技術についての講義のほか、バイタルサイン測定、子どもの救命救急の技術など、演習を交えて学びます。看護師国家試験受験資格の必修科目です。
 

p_nurse02.jpg

 

統合看護論Ⅱ

災害看護活動および国際看護活動の基礎的知識を学びます。過去に発生した災害の実情を知り、災害トリアージ、救護・搬送方法の実技を交えながら、世界の看護の動向と、日本の看護職の貢献の可能性を考察。また「紛争と難民と看護師」「世界の貧困と看護師の仕事」などのテーマを取り上げます。

p_nurse01.jpg

 

国家試験対策

国試対策では、1年次より対策を行います。3年次には本格的な国試対策に取り組みますが、1年次・2年次の学習習慣と既修科目の確かな知識の蓄積が鍵になります。国試に出題される問題は内容が詳細に規定されていることがたくさんあります。そのために、日々の確実な積み重ねができるよう、教員も支援しています。
※履修単位は認められません。

p_nurse03.jpg