高橋 正知

2017年04月01日現在

氏名 高橋 正知(タカハシ マサトモ/Masatomo TAKAHASHI)
所属/職位 八戸学院大学短期大学部 看護学科/教授
最終学歴/学位 弘前大学医学部医学科/医学博士
主な経歴 1975年03月 弘前大学医学部 卒業
1975年05月 東京女子医科大学医学部付属病院研修医(内科)
1978年04月 東京女子医科大学医学部付属病院 血液内科助手
1991年01月 聖マリアンナ医科大学第一内科講師
1997年03月 聖マリアンナ医科大学第一内科助教授
2005年09月 聖マリアンナ医科大学輸血部部長(兼務)
2007年04月 聖マリアンナ医科大学腫瘍センター・センター長(兼務)
2010年04月 聖マリアンナ医科大学血液内科 特任教授
2015年04月 日本体育大学保健医療学部救命救急学科 非常勤講師
2015年09月 八戸学院短期大学看護学科 教授

2017年04月 八戸学院大学短期大学部に名称変更

現在に至る

主な所属学会 日本内科学会、日本血液学会、日本癌学会、日本臨床腫瘍学会、米国血液学会(ASH)、米国臨床腫瘍学会(ASCO)、国際実験血液学会(ISEH)
連絡先 TEL:0178-25-2711(大学)
FAX:0178-25-2729(大学)
E-mail masatomo@hachinohe-u.ac.jp

 

専門分野 血液内科学、血液腫瘍学
研究テーマ 造血幹細胞、ES細胞、エリスロポエチン、骨髄不全症(再生不良性貧血、MDS、PNH)
担当科目
(2017年度)

大学:生命倫理 基礎生物 病態学Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ

短期大学部:研究演習Ⅲ~Ⅳ

 

主な研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
論文 純化エリスロポエチンの血液幹細胞に与える影響 1985年08月 臨床血液
論文 Ti(WT31)-negative,CD3-positive,large granular lymphocyte leukemia with non-specific cytotoxicity 1988年05月 Blood
論文 Inhibition  of granulocyte-macrophage colony formation by inter-2-treated lymphocytes is mediated by interferon γ and tumor necrosisfactor α 1990年02月 Exp Hematol

 

最近の研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
論文 Randomized trial of response-oriented individualized versus fixed-schedule induction chemotherapy with idarubisin and cytarabine in adult acute myeloid leukemia:the JALSGAML95 study 2010年04月 Int J Hematol
論文 A randomized comparison of four courses of standard-dose multiagent chemotherapy versus three courses of high-dose cytarabine alone in post-remission therapy for acute myeloid leukemia in adults:the JALSGAML201 study 2011年01月 Blood
論文 多発性骨髄腫のこれまでの治療と最近の治療について 2013年09月 東京女子医科大学雑誌
論文 総説 骨髄異形成症候群の診断と治療 2015年10月 八戸短期大学紀要

 

主な社会活動

項目 期間
日本成人白血病治療研究グループ(JALSG)監査委員会 委員 2007年~

JALSG施設監査 ①久留米大学 血液内科

        ②大分県立病院 血液内科

2015年02月~03月

JALSG施設監査 ①秋田大学 血液内科

        ②札幌北楡病院 血液内科

2016年03月

 

自己紹介

血液がいかにして造られるかを実際のいろいろな血液疾患を通して研究してきました。また、病気を診るのみならず、病気を持った人という観点から患者さんに対処してきました。知識のみですべて片付く訳ではなく、どのくらい共感できるかが大事ではと考えています。つまり、知識をたくさん持つのは結構なのですが、それを使いこなすこと、さらに発展させ応用できることがキーポイントとなります。わからないことをそのままにせず、積極的に調べたり質問したりすることをお勧めします(いつでも聞きに来て下さい)。