教職課程について

はじめに

 教育職員免許状を取得するためには、所属学科の学修に加えて、教職課程独自の科目を履修しなければなりません。また、学内での学修のみならず、学外での実習も課され、ボランティア活動などを通してさまざまな体験を積むことも必要です。さらに、教員として幼児に人としての在り方・生き方について、率先垂範していく立場になります。

 そのため、広い教養と豊かな人間性を身に付けなければなりません。したがって、教職課程の履修にあたっては、しっかりとした自覚と覚悟を持って臨むことが求められます。

 こうした大学内外での学びは、ものの見方・考え方の視野を広げるとともに、自己を省察する良い機会にもなります。将来を見据え自ら選んだ保育者としての道を歩むために、不撓不屈の精神で頑張りましょう。

 

八戸学院大学短期大学部における教員養成の目的

1 教員養成の目的

 本学の教職課程は、建学の精神及び教育目的に基づき、教員として必要な資質能力を身に付け、幼児に対する教育的愛情と責任感を持ち、社会から尊敬・信頼される教員を育成することを目的とする。

 

2 目指す教員像

(1)教育に対する使命感をもち、意欲ある教員

(2)教科等に関する専門的知識や実践的指導力を身に付けた教員

(3)組織の一員としての自覚を持ち、協調性のある教員

(4)幼児に対する教育的愛情のある教員

(5)広く豊かな教養を持ち、人間性や社会性を身に付けた教員

 

3 教職課程の教育方針

(1)社会の変化に対応する基礎的・基本的な知識・技術をはじめ、広く豊かな教養を涵養する。

(2)学科の専門科目の学修を通して、各教科等の担当教員に望ましい専門的な知識・技術と実践的指導力を育成する。

(3)大学及び地域での部活動やボランティア活動など、様々な活動への積極的な参加を通して、社会性やコミュニケーション能力などの人間力を育成する。

(4)教職課程の学修を通して、幼児に対する理解と教育的愛情、それらに根ざした教職への責任感や自主的に学び続ける力を育成する。

(5)学校、教育を取り巻く諸課題を理解し、困難な課題に同僚と協働して対応する力を育成する。

 

本学で取得できる教員免許

本学の学部・学科によって取得できる教員免許は表1のとおりです。

 

表1 本学で取得できる教員免許

学 科

免許状の種類・教科等

幼児保育学科

幼稚園(二種)

 

教員免許を取得するためには、まず基礎的な条件として、「短期大学士の学位を有すること」が必要です。その他に、次の科目群に定められた単位を修得しなければなりません。

① 教職に関する科目

② 教育職員免許法施行規則第66条の6(以下「66条の6」)に定められた科目

③ 教科に関する科目

④ 教科又は教職に関する科目

 

教員免許の取得に関係する各年次のスケジュール

表2 教員免許の取得に関係する各年次のスケジュール

 

教職に関する科目

 「教職に関する科目」は、教育職員免許法第5条別表第1及び同法施行規則第6条の規程に基づいて開講しています。法令上の科目名と本学で開講している授業科目名との関係は表3のとおりです。

 

表3 本学における「教職に関する科目」の授業科目名と単位数

表4 教職担当教員について

 

「66条の6」に定められた科目

 「66条の6」に定められた科目は、教員免許を取得するための必須条件です。法令上の科目名と本学で開講している授業科目名との関係は表5のとおりです。

 

表5 本学における「66条の6」に定められた科目の授業科目名と単位数

 

教科に関する科目

 幼児保育学科で取得できる教員免許の「教科に関する科目」について、本学担当教員と科目は表6のとおりです。

 

表6 【教科に関する科目】

 

教員免許取得状況

本学学生の教員免許取得状況(過去3年)は、次のとおりです。

 

平成28年度 91名

平成27年度 88名

平成26年度 95名

 

就職状況

本学卒業生の教員採用状況は、表7のとおりです。

 

表7 本学卒業生の教員就職状況(過去3年)

 

教員養成の質の向上に係る取り組み

 本学幼児保育学科において、幼稚園教諭と保育士の養成は切り離して考えることができません。最近は特に青森県内でも認定こども園が急増しており、認定こども園で保育教諭として勤務するためには幼稚園教諭と保育士の両方の免許・資格が必要とされるため、両方を取得して卒業することが不可欠となっています。そのため、学科内では幼稚園教諭二種免許状と保育士資格の両方の取得を推し進めるため、実習指導の時間において、実習オリエンテーションだけでなく、基礎学力と社会人基礎力の向上のためのさまざまなプログラムを計画・実施しています。担当教員はそれら実習指導の出欠状況と課題の提出状況について、毎月の学科会議で報告し、必要に応じて面談や指導を行います。さらに、教員免許の資格取得のためには一定レベルの成績が要求されるため、学期ごとに全科目の成績の平均(GPA)を算出し、レベルに達しない恐れのある学生に対しては個別に指導を行います。実習期間中には教員が巡回指導を行い、実習内容や施設からの実習評価についてはやはり学科内で情報を共有し、問題に応じて個別に指導を行います。

 

教職担当組織

表8

教務委員会(教職課程担当)

本学での教員養成全般に関すること

学務部教務学生課

教職課程科目の履修に関すること

教員免許状申請に関すること