幼児保育学科

 

授業紹介

言葉

子どもが言葉を獲得していく過程や発達の道筋をとらえ理解を深めるのが「言葉」の授業。講義だけでなく、絵本の読み聞かせや紙芝居を使った演習、ペープサート(紙人形劇)や自己紹介絵などの制作を通して、「言葉」の領域に関する教材の選択や指導方法を具体的に学習することができます。

 

ピアノレッスン

ピアノを弾きながら歌う「弾き歌い」は、保育者にとって必要不可欠な技能です。そのため「ピアノレッスン」では、楽譜の読み方から指使い、コード進行などの基本から、弾き歌いの表現力向上まで学びます。学生一人ひとりの習熟度に合わせて丁寧に指導する個人レッスンがあり、自主練習のためのレッスン室も備えているので、これまで全くピアノを弾いたことがない人でも安心。童謡やアニメソングなど現場で役立つ曲目をマスターし、楽しい弾き歌いを実践できるようになります。
 

 

ゼミナール

一人の教員が数名の学生を指導する「ゼミナール」。教員の専門研究分野からテーマを設定して調査・研究・分析を行い、討論や制作などを通して問題意識を高め、アプローチの仕方を学びます。ゼミのテーマは保育の基本要素を踏まえて「絵本・童話・言葉」「子どもの食」「発達障がい」「音楽」「自己表現」「造形表現」「運動あそび」など多岐にわたり、自分の関心のあるテーマから保育への理解を深めていくことができます。差波セミでは、冒険遊び場1Park(わんぱーく)を開催し、子どもたちと一緒に遊ぶ活動を展開しています。その体験を通して、保育者の役割を考え、自ら気付き、理解しています。

 

 

 

 

幼児体育

リズムダンス、フープや縄など遊具を使った遊び、ダンス創作など子どもの運動あそびを様々に実践。その楽しさや指導法を学ぶとともに、保育者として必要な身体づくり、動きづくりを行います。運動あそびが子どもの発育発達にもたらす効果を理解し、表現力豊かに指導できるようになるのが目標です。

p_yoho02.jpg