幼児保育学科

p_top-yoho

 

授業紹介

 

幼児体育

リズムダンス、フープや縄など遊具を使った遊び、ダンス創作など子どもの運動あそびを様々に実践。その楽しさや指導法を学ぶとともに、保育者として必要な身体づくり、動きづくりを行います。運動あそびが子どもの発育発達にもたらす効果を理解し、表現力豊かに指導できるようになるのが目標です。

p_yoho02.jpg

 

ピアノレッスン

保育者にとって必要不可欠な技能である「弾き歌い」ができるよう、ピアノの基礎技能を習得します。入学時のピアノ技術には個人差がありますが、全くの初心者でも個別に徹底指導してくれるので安心。春夏秋冬の各月の特色に合わせた曲やアニメソングなど現場で活用される曲目を数多く身につけます。
 

p_yoho03.jpg

 

言葉

子どもが言葉を獲得していく過程や発達の道筋をとらえ理解を深めるのが「言葉」の授業。講義だけでなく、絵本の読み聞かせや紙芝居を使った演習、ペープサート(紙人形劇)や自己紹介絵などの制作を通して、「言葉」の領域に関する教材の選択や指導方法を具体的に学習することができます。

p_yoho04.jpg