学びのポイント

未来ある笑顔のために
豊かな人間性と専門性を持つ保育者に

幼児保育学科は1971年に幼児教育学科として設置。40年にわたって数多くの卒業生を送り出してきました。地域の保育・幼児教育を支える存在として、信頼される人材を育て続けています。

  

見て、聞いて、感じて成長

 

 

保育の現場で学ぶ実習こそ最重視

幼児保育学科の学び方は伝統的に、徹底した実習主義、現場主義。現場を見学するだけにとどまらず、実際の仕事を体験できる実習システムを組んでいます。保育実習先での働きぶりが認められ、採用につながることも珍しくありません。

 

附属幼稚園も学びの場

八戸学院短期大学には、八戸市内に3園(附属幼稚園同聖アンナ同第二しののめ)の附属幼稚園があります。幼児保育学科が重視する保育理念を豊かに実現する場であり、学生たちの実践教育の場でもあります。

 

少人数のゼミ教育

教員と学生の距離が近いのも幼児保育学科の特徴です。少人数のゼミ教育で人間性をみがき、専門性を高める指導を行います。子どもだけでなく保護者の支援もできる、幼児保育のプロフェッショナルを目指しましょう。