川端 悠

2017年04月01日現在

氏名 川端 悠(カワバタ ハルカ/Haruka KAWABATA)
所属/職位 八戸学院大学短期大学部 幼児保育学科/講師
最終学歴/学位 金沢大学大学院 自然科学研究科 博士後期課程修了(生命科学専攻)/博士(学術)
主な経歴

2004年04月 ㈱コナミスポーツ&ライフ 商品開発本部
2012年10月 福井大学医学部 非常勤講師
2013年04月 金沢大学先端科学・イノベーション推進機構 博士研究員
2014年04月 八戸学院短期大学幼児保育学科 講師

2016年04月 八戸学院短期大学附属幼稚園聖アンナ 教育補助員 兼務

※2017年04月 八戸学院大学短期大学部に名称変更

主な所属学会 日本体力医学会、日本体育学会、日本測定評価学会、日本教育医学会、カナダ運動生理学会
連絡先 TEL:0178-25-4411(短期大学部) 0178-25-2103(研究室直通)
FAX:0178-25-2220(短期大学部)
E-mail kawabata@jc.hachinohe-u.ac.jp

 

専門分野 運動生理学、測定評価学
研究テーマ

コーディネーション能力が身体機能およびスポーツパフォーマンスに与える影響

高齢者の転倒予防およびサクセスフル・エイジング

ジュニア期の体力・運動能力向上を目的とした運動指導と評価方法の開発

担当科目
(2016年度)

体育実技、体育概論、幼児体育Ⅱ、保育実習指導Ⅰ、ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

教育実習、保育実習ⅠA・ⅠB・Ⅱ
※八戸学院大学人間健康学部:器械体操

 

主な研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
論文 ヒトの重心制御と下肢のラテラリティ 2014.12 青森県スポーツ医学研究会 23:9-14
論文 The relationships between a Center of Foot Pressure Tracking Test and dynamic balance tests. 2013.12

Perceptual & Motor
Skills, 117,811-820.

論文 Effects of differences in manipulation and supporting legs and moving target speed on a visual tracking test using center of pressure. 2013.11 Advances in physical
Education, 3(4)205-208.

 

最近の研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
論文 ヒトの重心制御と下肢のラテラリティ 2014.12

青森県スポーツ医学研究会,23,9-14

論文 八戸学院短期大学生(幼児保育学科)の体力、食および睡眠習慣に関する調査 2014.3 八戸学院短期大学紀要 39:1-9
論文 Reliability and sex difference in a coordination test of a tracking moving target with the center of foot pressure. 2012.8 Advances in Physical
Education, 2(3) 77-81.
論文 Relations among Dynamic Balance Tests and a Coordination Test Using Center of Pressure to Pursue a Randomly Moving Target 2013.12 Perceptual & Motor Skills, 117,811-820
 論文

Effects of Differences in

Manipulation and Supporting Legs and Moving Target Speed on a Visual Tracking Test Using Center of Pressure.

2013.11

Advances in Physical
Education, 3(4),
205-208.

論文 Superiority of Pinch Strength in the Dominant versus Non-dominant Hand.  2013.3 Sports science for Health, 9,7-11.
論文 Effects of differences in manipulation and supporting legs and moving target speed on a visual tracking test using center of pressure.  2013.11

Advances in physical
Education, 3(4) 205-208.

論文 Relationships of Various Coordination Tests. 2013.2 Advances in physical
Education, 3(1) 15-19.
論文 Relationship between the obstacle height cognition and step movement in the elderly. 2012.10 Journal of physiological
Anthropology,31(1)27.
論文 Evaluating the effects of open / closed eyes and age-related differences on center of foot pressure sway during stepping at a set temp. 2012.8 Advances in Aging
Research, 1(3) 72-77.
論文 Reliability and sex difference in a coordination test of a tracking moving target with the center of foot pressure. 2012.8 Advances in Physical
Education, 2(3) 77-81.
論文 Evaluating the effects of open /closed eyes and age-related

differences on center of foot

pressure sway during stepping at

a set tempo.

2012.9  Advances in Aging Research, 1(3),72-77
論文 Comparison of muscle oxygenation kinetics and subjective muscle-fatigue sensation during muscle exertion using a progressive workload method and a constant-workload method with maximal voluntary contraction. 2012.6 GAZETTA MEDICA
ITALIANA, 171(3) 269-275.
論文

Laterality and age-level differences between young women and elderly women

in controlled force exertion (CFE)

2012.6

Archives of Gerontology and Geriatrics,54(2),

68-72.

論文 Comparing decrease characteristics of intermittent muscle power exertion in hand grip and elbow flexion movements. 2012.5 GAZETTA MEDICA
ITALIANA, 171(3) 263-268.
 
論文 The Effects of Obstacles and Age on Walking Time Within a Course and on a Balance Beam in Preschool Boys. 2012.5 Advances in Physical
Education, 2(2) 49-53.
論文 Gender and the Laterality of Various Coordination Tests. 2012.4

GAZETTA MEDICA
ITALIANA,171(2)135-141.

論文 Laterality and Age-level Difference between young women and elderly women in controlled force exertion. 2012.4 Archives of gerontology and
Geriatrics,54,68-72.
論文

COMPARISON OF THE BODY-SWAY CHARACTERISTIC OF YOUNG ADULT COMPARED TO HEALTHY ELDERLY AND

ELDERLY WITH EQUILIBRIUM DISORDER.

2011.9

Perceptual & Motor Skills,113 (2),548-556.

論文

幼児の障害物を設置した平均台歩行時間の性差および年齢差

2011.6

教育医学,56(4),352−355.

発表

COPを利用した視標追従テストの

加齢変化

 2017.9 第72回日本体力医学会
発表

短時間のコーディネーション

トレーニング(Co-ordination

training:COT)が投球動作と遠投

距離の関係に与える影響

 2017.9 第72回日本体力医学会
発表

転倒予防プログラムの開発を目的

とした高齢者の重心制御特性の報告

単   2017.9 第68回日本体育学会
発表 2週間のコーディネーショントレーニング(COT)が児童のソフトボール円筒距離に与える効果  2017.9 第68回日本体育学会
発表

片足立位時の動的バランス能力に

関する研究

2016.9 第71回日本体力医学会
発表 大学アイスホッケー選手のバランス能力の検討−左右差に着目して− 2016.9 第71回日本体力医学会
発表 ジュニアサッカークラブに所属する児童の身体特性 2016.8 第67回日本体育学会
発表 大学が行うスポーツの場の提供(シニア向けウォーキングクラス) 2016.8 第64回日本教育医学会
発表 重心制御テストの記録向上に足関節のウォーミングアップは関与するのか? 2015.9 第70回日本体力医学会
発表 大学ラグビー選手の体脂肪率とフィジカルテストの関係 2015.8 第66回日本体育学会
発表 ヒトの重心制御と下肢のラテラリティ 2014.9 H26年度青森県スポーツ医科学研究会
発表

幼児の体格特性に基づき選択された肥満判定項目と体脂肪率との関係

2014.8

第13回日本測定評価学会

発表 視標追従テストによって転倒リスクをスクリーニングするための試み①-転倒経験群と非転倒経験群の比較- 2014.3 第13回日本測定評価学会
発表 注意の維持と片脚立位時重心動揺

の関係

2013.9   第68回日本体力医学会
発表

手関節テーピングにおけるテープ

圧の違いが背屈および掌屈の自動

関節可動域に及ぼす影響

共  2013.9 第68回日本体力医学会
発表 フォームラバー上における開眼および閉眼時の重心動揺の加齢変化 2013.9 第68回日本体力医学会
発表

障害物ステップ動作(OSFS)時間は転倒未経験者と躓きによる転倒

経験者で異なるか?

2013.8 第64回日本体育学会
発表 上肢筋力トレーニングを付加したコアスタビリティートレーニング法の効果 2013.8 第64回日本体育学会
発表

Evaluating the effects of

external vibratory stimuli on body sway in the standing position

共  2013.8   J.Educ.Health Sci.
発表

Effects of differences in

manipulation and supporting legs and moving target speed on a visual tracking test using center of pressure

2013.8

J.Educ.Health Sci.

発表 体性感覚情報を撹乱させた場合のCOP動揺の加齢変化 2013.2  第12回日本体育測定評価学会
発表

種々の立位条件での姿勢制御における視覚の貢献度

2012.9 第67回日本体力医学会
発表

移動指標をCOPにより追従する全身の調整力テストとバランステストとの関係

2012.9 第67回日本体力医学会
発表

振動マシーンによる外乱刺激前後の重心動揺特性

 2012.8  第63回日本体育学会
発表 操作脚および支持脚がCOP Tracking TestとDynamic Balance Testに与える影響  2012.8 第63回日本体育学会
発表

障害物Timed Up & Goテストによる転倒経験の判別

2012.2 第11回日本体育測定評価学会
発表 移動視標を足圧中心(COP)で追従するトラッキングテストの性差 2012.2 第11回日本体育測定評価学会
発表 クローチング姿勢における前後および左右方向に対する安定性の変化 2011.9 第66回日本体力医学会
発表 体格の違いが不安定板上立位での姿勢保持能力に与える影響 共   2011.9 第62回日本体育学会
発表 不安定板上立位における姿勢制御能力の性差 2011.3 第10回日本体育測定評価学会
発表 ジャンプスキー選手の動的バランス能力の特性 2010.9 第65回日本体力医学会
発表

The relationship between the

subjective preference legs and the leg used for stabilization and mobilization activities.

2011.8  第62回日本教育医学会
発表 Effect of junior ski-jumper balance training while wearing Masai Barefoot Technology shoes : A practice case of the “N”-high school ski team. 共  2011.8  第62回日本教育医学会
発表

高齢者の転倒回避動作を考慮した

画面指示ステップテストの性差

共  2010.9 第61回日本体育学会
発表

足圧中心動揺のパターン評価方法の検討

共  2010.8

第58回日本教育医学会

 

 

主な社会活動

項目 期間
Certified Strength & Conditioning Specialist (NSCA

2011年~

日本教育医学会 評議委員 2013年
NSCAジャパン アシスタント地域ディレクター(東北、青森県) 2014年~
日本サッカー協会主催 キッズサッカーフェスティバル スタッフ 2014年~
シニア向け運動教室(ウォーキングクラス)主宰 2014年~
八戸学院大学 ラグビー部 ストレングス&コンディショニング担当 2014年~
八戸学院大学 アイスホッケー部 ストレングス&コンディショニング担当

2016年~

八戸学院大学 女子ラグビー部 ストレングス&コンディショニング担当 2017年〜

 

 

自己紹介

 何事にも前向きに考える楽観的なO型です。好奇心と向上心を忘れずに研究と教育を両立していきます。