川端 悠

2017年04月01日現在

氏名 川端 悠(カワバタ ハルカ/Haruka KAWABATA)
所属/職位 八戸学院大学短期大学部 幼児保育学科/講師
最終学歴/学位 金沢大学大学院 自然科学研究科 博士後期課程修了(生命科学専攻)/博士(学術)
主な経歴

2004年04月 ㈱コナミスポーツ&ライフ 商品開発本部
2012年10月 福井大学医学部 非常勤講師
2013年04月 金沢大学先端科学・イノベーション推進機構 博士研究員
2014年04月 八戸学院短期大学幼児保育学科 講師

2016年04月 八戸学院短期大学附属幼稚園聖アンナ 教育補助員 兼務

※2017年04月 八戸学院大学短期大学部に名称変更

主な所属学会 日本体力医学会、日本体育学会、日本測定評価学会、日本教育医学会、カナダ運動生理学会
連絡先 TEL:0178-25-4411(短期大学部) 0178-25-2103(研究室直通)
FAX:0178-25-2220(短期大学部)
E-mail kawabata@jc.hachinohe-u.ac.jp

 

専門分野 運動生理学、測定評価学
研究テーマ コーディネーション能力が身体機能およびスポーツパフォーマンスに与える影響

担当科目
(2016年度)

体育実技、体育概論、幼児体育Ⅱ、保育実習指導Ⅰ、ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

教育実習、保育実習ⅠA・ⅠB・Ⅱ
※八戸学院大学人間健康学部:器械体操

 

主な研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
論文 ヒトの重心制御と下肢のラテラリティ 2014.12 青森県スポーツ医学研究会 23:9-14
論文 The relationships between a Center of Foot Pressure Tracking Test and dynamic balance tests. 2013.12

Perceptual & Motor
Skills, 117,811-820.

論文 Effects of differences in manipulation and supporting legs and moving target speed on a visual tracking test using center of pressure. 2013.11 Advances in physical
Education, 3(4)205-208.

 

最近の研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
論文 八戸学院短期大学生(幼児保育学科)の体力、食および睡眠習慣に関する調査  共 2014.10 八戸学院短期大学紀要 39:1-9
論文 Reliability and sex difference in a coordination test of a tracking moving target with the center of foot pressure. 2012.6 Advances in Physical
Education, 2(3) 77-81.
論文 The relationships between a Center of Foot Pressure Tracking Test and dynamic balance tests. 2013.12 Perceptual & Motor Skills, 117,811-820
論文 Superiority of Pinch Strength in the Dominant versus Non-dominant Hand.  2013.3 Sports science for Health, 9,7-11.
論文 Effects of differences in manipulation and supporting legs and moving target speed on a visual tracking test using center of pressure.  2013.11

Advances in physical
Education, 3(4) 205-208.

論文 Relationships of Various Coordination Tests. 2013.2 Advances in physical
Education, 3(1) 15-19.
論文 Relationship between the obstacle height cognition and step movement in the elderly. 2012.10 Journal of physiological
Anthropology,31(1)27.
論文 Evaluating the effects of open / closed eyes and age-related differences on center of foot pressure sway during stepping at a set temp. 2012.8 Advances in Aging
Research, 1(3) 72-77.
論文 Reliability and sex difference in a coordination test of a tracking moving target with the center of foot pressure. 2012.6 Advances in Physical
Education, 2(3) 77-81.
論文 Comparison of muscle oxygenation kinetics and subjective muscle-fatigue sensation during muscle exertion using a progressive workload method and a constant-workload method with maximal voluntary contraction. 2012.6 GAZETTA MEDICA
ITALIANA, 171(3) 269-275.
論文 Comparing decrease characteristics of intermittent muscle power exertion in hand grip and elbow flexion movements. 2012.5 GAZETTA MEDICA
ITALIANA, 171(3) 263-268.
 
論文 The Effects of Obstacles and Age on Walking Time Within a Course and on a Balance Beam in Preschool Boys. 2012.5 Advances in Physical
Education, 2(2) 49-53.
論文 Gender and the Laterality of Various Coordination Tests. 2012.4

GAZETTA MEDICA
ITALIANA,171(2)135-141.

論文 Laterality and Age-level Difference between young women and elderly women in controlled force exertion. 2012.4 Archives of gerontology and
Geriatrics,54,68-72.
発表 大学アイスホッケー選手のバランス能力の検討−左右差に着目して− 2016.9 第71回日本体力医学会
発表 ジュニアサッカークラブに所属する児童の身体特性 2016.8 第67回日本体育学会
発表 大学が行うスポーツの場の提供(シニアウォーキングクラス) 2016.8 第64回日本教育医学会
発表 重心制御テストの記録向上に足関節のウォーミングアップは関与するのか? 2015.9 第70回日本体力医学会
発表 大学ラグビー選手の体脂肪率とフィジカルテストの関係 2015.8 第66回日本体育学会
発表 視標追従テストによって転倒リスクをスクリーニングするための試み①-転倒経験群と非転倒経験群の比較- 2014.2 第13回日本測定評価学会
発表 フォームラバー上における開眼および閉眼時の重心動揺の加齢変化 2013.9 第68回日本体力医学会
発表 上肢筋力トレーニングを付加したコアスタビリティートレーニング法の効果 2013.8 第63回日本体育学会
発表 移動視標を足圧中心(COP)で追従するトラッキングテストの性差 2013.2 第11回日本測定評価学会
発表 体格の違いが不安定板上立位での姿勢保持能力に与える影響 2012.9 第62回日本体育学会
発表 クローチング姿勢における前後および左右方向に対する安定性の変化 2012.9 第67回日本体力医学会
発表 体性感覚情報を撹乱させた場合のCOP動揺の加齢変化 2012.3 第12回日本測定評価学会
発表 Effect of junior ski-jumper balance training while wearing Masai Barefoot Technology shoes : A practice case of the “N”-high school ski team. 2011.8 第61回日本教育医学会
発表 不安定板上立位における姿勢制御能力の性差 2011.3 第10回日本測定評価学会
発表 ジャンプスキー選手の動的バランス能力の特性 2010.9 第65回日本体力医学会

 

主な社会活動

項目 期間
Certified Strength & Conditioning Specialist (NSCA

2011年~

日本教育医学会 評議委員 2013年
NSCA アシスタント地域ディレクター(東北、青森県) 2014年~
日本サッカー協会主催 キッズサッカーフェスティバル スタッフ 2014年~
シニア向け運動教室(ウォーキングクラス)担当 2014年~
八戸学院大学ラグビー部 ストレングス&コンディショニング担当 2014年~
八戸学院大学アイスホッケー部 ストレングス&コンディショニング担当

2016年~

 

 

自己紹介

 何事にも前向きに考える楽観的なO型です。好奇心と向上心を忘れずに研究と教育を両立していきます。