差波 直樹

2019年04月01日現在 

氏名 差波 直樹(サシナミ ナオキ/Sashinami Naoki)
所属/職位 八戸学院大学短期大学部 幼児保育学科/准教授
最終学歴/学位 北海道教育大学教育学部函館校 幼稚園教員養成課程/学士
主な経歴

札幌市立幼稚園3園に17年間勤務
平成26年4月〜八戸学院短期大学幼児保育学科講師

平成30年4月〜現職

主な所属学会 日本保育学会 北海道子ども学会 保育教諭養成課程研究会
連絡先 TEL:0178-25-4411(代表)
FAX:0178-30-2116(研究室直通)
E-mail sashinami-naoki@jc.hachinohe-u.ac.jp

 

専門分野 幼児教育
研究テーマ 保育者の関わりと保育の質       幼稚園・保育所・認定こども園と小学校との連携と接続

担当科目
(2019年度)

教育原理、教育方法論、教職・保育実践演習、指導計画論、保育内容総論、

教育実習学内指導、ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

 

主な研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
 論文

幼児教育における接続期の充実

〜接続期の幼児と保育者の姿からの考察〜 

単  平成27年9月  北海道子ども学会機関誌 子どもロジーVOL.19 
 論文 保育者と子どもとのかかわり〜保育におけるユーモアの役割   単 平成30年4月   八戸学院大学短期大学部研究紀要第46巻
 テキスト シリーズ知のゆりかご いまがわかる教育原理 第4章 人間形成と家庭・地域・社会  共 平成30年3月   株式会社みらい
論文 幼児同士の会話と保育者の関わりの分析から〜保育の質についての一考察〜 平成30年8月 北海道子ども学会機関誌 子どもロジーVOL.22
テキスト

障害児保育

障害のある子どもから考える教育・保育

平成30年10月 光生館
テキスト グループワークで学ぶ保育内容総論 平成31年4月 大学図書出版

 

最近の研究業績

区分 著書、学術論文等の名称 単/共 発行・発表年月 発行所、発表雑誌・学会等
 ポスター発表  保育者と子どもとのかかわりから保育のあり方を考える 単  平成28年5月   第69回日本保育学会
分科会発表 子どもの基本的な生活習慣の形成の現状と幼稚園・保育所・認定こども園が果たす役割〜十勝の子ども・札幌の子ども・八戸の子どもの育ちの検証を通して〜 平成28年8月  第21回北海道子ども学会
 ポスター発表 保育者と子どもとのかかわり〜保育におけるユーモアの役割   単 平成29年5月   第70回日本保育学会
 口頭発表  ICTを活用した保育内容・方法の可能性⑵  共 平成29年5月   第70回日本保育学会
口頭発表 保育者の専門性を保証する養成校の可能性〜わかて保育者を支える仕組み作り 平成30年5月 第71回保育学会

 

主な社会活動

                                               項    目               期   間
ファミリーサポートセンター提供会員要請講習会 講師 平成26年7月〜
三沢市子ども・子育て会議委員 平成27年11月〜
八戸市幼保小連携推進事業 代表者研修会アドバイザー 平成28年5月〜
幼保連携型認定こども園すぎのこ保育園 オブザーバー 平成29年4月〜
社会福祉法人いとし子会 評議員 平成29年6月17日~
青森県待機児童対策協議会 委員 平成31年2月〜
おいらせ もりのようちえん 学びのフォーラム 講師 平成30年4月
全国認定こども園協会青森県支部 キャリアアップ研修会 幼児教育分野 講師 平成30年5月
八戸市保育連合会キャリアアップ研修会 幼児教育分野・乳児保育分野 講師 平成30年7月、8月
久慈地区保育所協議会研修会 講師 平成30年7月
三戸郡保育会 主任主幹研修部会 研修会 講師 平成30年7月
青森県保育連合会 保育士等キャリアップ研修会 幼児教育分野 講師 平成30年8月、10月
札幌市西区幼保小連携推進協議会 研修会 講師 平成30年8月
平内町幼保小連携推進協議会 研修会 講師 平成30年9月
東北町保育研究会 研修会 講師 平成30年10月
階上町幼児教育連絡協議会 全体研修会 講師 平成30年10月
五所川原保育連合会 研修会 講師 平成30年11月
石鉢保育園(階上町) 保護者子育て研修講座 講師 平成31年1月
まきばのこども園(十和田市) 保護者参観研修会 講師 平成31年2月

自己紹介

 幼児教育の大切さ、そして楽しさを、自分自身の実践をもとに講義の中で伝え、学生と共に考えていきます。
 また、幼稚園・保育所と小学校が互いの教育についてどのように理解し合い、連携を取っていくべきかについて、現状の課題も踏まえて提案していきたいと考えています。