第45回八戸小唄流し踊りに参加しました

 平成27年7月17日(金)、八戸市中心街を優雅に彩る第45回八戸小唄流し踊りに、幼児保育学科、ライフデザイン学科、看護学科1年生と後援会役員、教職員合わせて約230名が参加しました。本学の八戸小唄流し踊りの参加は今年で8回目となりました。

 

 3学科の学生は、6月初旬から体育の授業を利用し、本番へ向けて練習を重ねてきました。哀調を帯びた八戸小唄の調べに合わせて、八戸市連合婦人会を先頭に日本舞踊の団体が次々と登場する中、本学は13団体中最多の約230名が最後尾でのスタートとなりました。色鮮やかな浴衣とオリジナルデザインの揃いの手ぬぐいを付けた学生たちは、緊張しながらも、若さあふれる華やかな踊りを披露しました。また、今年は美術の授業で吹き流しの制作も行い、沿道に華やかさを添えることができました。
 沿道の市民の方々からは、大きく温かな拍手をいただき、自信あふれる笑顔で終えることができました。

 

 

2015.7.17-01  2015.7.17-02

 

2015.7.17-03  2015.7.17-04