ライフデザイン学科:介護実務演習でゲストティーチャー来学

 平成28年9月29日(木)に、ライフデザイン学科介護職員初任者研修課程の指定科目「介護実務演習」(担当教員:三岳貴彦講師)の講義において、ゲストティーチャーとして社会福祉法人賛育会法人事務局人事課長 遠矢充宏氏をお招きし、福祉と医療の連携について、また、福祉ニーズについて学びました。

 1年生にも学びやすくするため、「地域住民に寄り添う」というテーマが設定されました。遠矢氏は、大正時代にボランティアで東京下町の産院から始まり、医療、介護や保育事業の展開につながったのは、まずは職員一人一人が「困っている人に何ができるか」とニーズに応えていった結果であること、そして、福祉を学ぶにあたって学生一人一人が「これから自分に何ができるか」を考える事の重要性を投げかけてくれました。

 

2016-9-29