幼児保育学科:バラエティに富んだ『わ』の世界<砂浜彫刻>

 平成28年7月13日(水)八戸市鮫町にある白浜海岸で、幼児保育学科の学生約200名が<砂浜彫刻>実習に取り組みました。幼児保育学科の最大行事として定着しており、今年で11回目の実施となりました。幼稚園教育要領「健康・人間関係・環境・言葉・表現」の5領域の全てを網羅している砂遊びを、八戸の素晴らしい自然の中で体感し、保育者を目指す学生の今後の保育活動に役立ててもらいたいという思いから始まりました。本年度は『わ』というテーマを掲げ、「輪」「和」「羽」「我」「話」などゼミ(全14グループ)ごとにイメージを膨らませ「和音」「金魚鉢」「指輪」などバラエティに富んだ<砂浜彫刻>を目指しました。砂が思うように固まらず苦労しながらの作業でしたが、青空の下、完成した作品を前に誇らしげに記念撮影をするなど達成感で一杯の様子でした。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA