【ライフデザイン学科】スポーツ演習でゲストティーチャー来学

 2017(平成29)年5月15日(月)にライフデザイン学科の「スポーツ演習」(担当教員:三岳貴彦講師)の講義にてゲストティーチャーとして明治大学兼任講師川井明氏を招き、バスケットボールの授業を行いました。

 本学科のスポーツ演習はレクリエーション・インストラクター、福祉レクリエーション・ワーカーの資格取得を目指すための科目として位置付けられています。例えば高校までの学生時代に「体育が苦手だった」経験がある人にも「まずはスポーツという『身体を使った文化』の楽しみ方」を学ぶことから始めることで、①スポーツそのものの魅力の再認識と、②レクリエーション資格に必要な技術の学習に取り組んでいます。

 2020年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されますが、国際比較で考えると開催国として改めて広く国民一人一人がスポーツ文化の理解と実践が求められている時期とも言えます。川井先生の指導でゴールシュートの成功率が一気に上がる学生が出るなど、短時間で球技の魅力を体感した学生もおり、改めて「Sports for All」の理念と実践を理解する機会になりました。