本学教員が青森県・社会福祉法人青森県社会福祉協議会・青森県福祉人材センター主催事業にファシリテーターとして出席。

 平成29年6月30日(金)に、青森県・社会福祉法人青森県社会福祉協議会・青森県福祉人材センター主催、「平成29年度 高等学校・福祉養成校及び福祉施設との意見交換会」が八戸市総合福祉会館で開催されました。今回、意見交換会のファシリテーターとして本学ライフデザイン学科三岳貴彦講師が出席しました。

 北東北では特に少子高齢化、人口減少社会と地域を取り巻く課題が日を増して重い課題となっている中、「地域の課題」として介護施設と高等学校・福祉養成校のそれぞれが集まり互いに課題や実情を理解し、青森県の現状課題について共通理解を得ることは非常に大事な事業です。

 意見交換会には介護現場に勤める若手職員を中心に構成された「介護の魅力発信サポーター」も出席し、仕事のやりがいや現在の活躍を学ぶ機会になりました。