令和3年度 入学式が挙行されました

 令和3年4月6日(火)、令和3年度八戸学院大学・八戸学院大学短期大学部の入学式が八戸市公会堂において挙行されました。

 八戸学院大学252名(地域経営学部地域経営学科88名、健康医療学部人間健康学科102名、健康医療学部看護学科62名)と、八戸学院大学短期大学部102名(幼児保育学科86名、介護福祉学科16名)の新入生が、学生としての第一歩を踏み出しました。

 式典では、新入生を代表して、八戸学院大学健康医療学部人間健康学科の関口春香さんが「大学生、短期大学生としての自覚と向上心を持って勉学に励み、自分自身を鍛えていきたい」と宣誓しました。

八戸学院大学の水野眞佐夫学長から、「本学が位置する美保野でのキャンパスライフにおいて、学科としての学問の探求のみに止まらず、課外でのスポーツ・文化芸術・ボランティア活動等に積極的に参加することで、皆さんにとっていままでとは異なる世界が垣間見えて来るものと期待しております。学科と課外の学生生活で何を掴んだか、未来のあなたが自信を持って仲間へ伝えることが出来る成果を少なくとも一つはしっかり掴み取ってください。皆さんの郷土となる八戸。この八戸を「愛する心」、そして、皆さん自身の無限の可能性に絶え間なく挑戦する志を育んでくださることに大きな期待を寄せています」

八戸学院大学短期大学部の杉山幸子学長からは、「保育と介護という、社会を支える重要な仕事に携わる職業人を育成する学校としてこの節目の年を迎えたことを、感慨深く受けとめております。この2つの仕事には大きな共通点があります。対象者の年齢に開きはあっても、どちらもいわゆる社会的弱者に寄りそう仕事であり、また、コンピュータやロボットを活用することはあっても、それに換えることはできません。つまり、人の手、身体、心があってこそ成り立つものです。そして、それによって他者の人生を豊かにする大きな力をもっています。この仕事を志した皆さんは、きっと「人が好き」という共通点をもっているのではないでしょうか。これは当たり前のように思われるかもしれませんが、誰もがもっている訳ではない素晴らしい資質です。短期大学の2年間で皆さんがこの資質を土台としてさまざまな人と関わり、自分の世界を広げることを期待しています。美保野キャンパスには短大だけでなく大学の学生もいれば、外国人の教員や留学生もいます。同級生の年齢も一様ではありません。実習という重要な機会もあります。いろいろな経験を通じて、身近な友人だけでなく、多様な人とつながり、ともに活動する力を育てて欲しいと思います」との式辞が述べられました。

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。

 

   

 

   

 

   

第33回介護福祉士国家試験結果について

R2年度介護福祉学科2年生(10名)の介護福祉士国家試験の結果を
お知らせします。下記資料(PDF)よりご覧ください。
 
・第33回介護福祉士国家試験結果について(PDF)
 

令和2年度 学位記授与式が挙行されました

 令和3年3月17日(水)、八戸市公会堂において、八戸学院大学・八戸学院大学短期大学部の「令和2年度学位記授与式」が挙行されました。

 本年度の卒業生は、大学206名(ビジネス学部ビジネス学科75名、健康医療学部人間健康学科72名、健康医療学部看護学科59名)、短期大学部93名(幼児保育学科83名、介護福祉学科10名)、合わせて299名でした。新型コロナウィルス感染症の影響により、卒業生、法人関係者、教職員のみと規模縮小するとともに、参加できなかった卒業生ならびに保護者に対し、YouTubeでライブ配信を実施しました。

 卒業生の皆さんのますますのご活躍を期待しております。

 

    

 

    

 

    

 

 

 

 

3月13日(土)オープンキャンパスを開催しました

 令和3年3月13日(土)、美保野キャンパスにおいて春のオープンキャンパスを開催しました。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加人数の制限及び時間短縮しての開催となりました。主な内容は学科紹介、体験授業、施設見学で参加者が楽しみながら授業を受け、個別相談の際にも積極的に質問する姿がみられました。たくさんのご来場ありがとうございました。

(※新型コロナウイルス感染予防対策として検温・手指の消毒・ソーシャルディスタンス・マスク着用必須など徹底したうえでの開催)

 次回のオープンキャンパスの開催は7月頃を予定(詳細は未定)していますので、新着情報が整い次第、随時ホームページに掲載しますので是非ご覧ください。

 

 

【オープンキャンパスの様子】

 

 

幼児保育学科 「体験授業(音楽)の中でピアノレッスン体験の様子」

   

 

 

介護福祉学科 「体験授業(体験してみよう高齢者のこころとからだ)の様子」

   

 

 

 

受付・学生スタッフ集合写真

   

 

 

 八戸学院大学ホームページでは、オープンキャンパスの他にも様々な情報を掲載しています!

 気になる方はチェックしてみてくださいね♪

 

 八戸学院大学オープンキャンパスの様子はこちら。

【幼児保育学科】ミニオペレッタを八戸市公会堂で開催しました(2/20)

 第16回はちのへこどもフェスタが八戸市公会堂で開催され、幼児保育学科2年生が、ミニオペレッタ

「ぞうのたまごの卵焼き」「緑の星」「はだかの王様」「スサノオの冒険」を上演しました。

 2年生は、昨年10月から「表現Ⅱ」(担当教員:中嶋栄子橋本知子)、「総合表現」(担当教員:田端利則・澤井睦美佐貫巧池田拓馬ほか)の授業時間を中心に、台本づくりや振付け、ダンスのフォーメーション、BGM・効果音選び、衣装作りを進め、直前まで大道具・小道具、照明色彩の準備を行いました。

 それぞれの上演の合間には、生演奏による手遊び「ホネホネホネッキー」や「ひょっこりひょうたん島」などを披露し、会場の親子と一緒に楽しみました。

 今年度のミニオペレッタは、コロナ禍での開催ということもあり、出演者のフェイスシールドの着用、来場者の記名、手指の消毒、間隔をあけて座席指定を行う形での実施となりました。ミニオペレッタにご来場いただいたみなさま、そして、開催に向けてご尽力を賜りました八戸市公会堂・NPO法人はちのへ未来ネットのみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

     

 

 

     

 

【幼児保育学科】手作り絵本読み聞かせ動画配信中!

 八戸学院大学短期大学部 読み聞かせサークルの学生たちが、はちのへを題材とした手作り大型絵本として、『せんべいくん、なんぶのまちへいく』を製作しました。せんべいくんの旅はいったいどうなってしまうのか!?私たちがつくった絵本の読み聞かせで、大人も子どもも一緒に楽しみながら是非、ご覧ください。
 手作り大型絵本『せんべいくん、なんぶのまちへいく』は、「はちのへを題材とした手作り絵本の製作」(令和2年度 八戸市学生まちづくり助成金)のプロジェクトの一環です。絵本の紙は、三菱製紙八戸工場(エム・ピー・エム・オペレーション株式会社)から提供いただいたものを用いています。
 

動画

はちがくフェス「起志快晴~笑顔あふれる未来へ~」開催いたしました!

 

 八戸学院大学・短期大学部学園祭『はちがくフェス』の開催に際しましては、大変多くのご参加、ご協力をいただきまして誠にありがとうございました。大学・短期大学部合同での学園祭は、今回で無事4回目を迎えることができました。

 今年度は新型コロナウイルスの影響により、例年実施しておりましたBBQ大会やボウリング大会が中止になる中、学生や学内の活気が失われていると感じ、学園祭の実施を決定いたしました。昨年度のようにゲストの方をお招きしたり外部からのお客様は参加できないなど、感染対策の面において様々な制限を設けなければなりませんでしたが、そんな中たくさんの学生、教職員の皆様にご参加いただき、2日間にわたってとてもいい学園祭を実施することができました。

例年にはない大運動会を1日目に行うなど、新しい試みも多々ありました。タイトルにあるように「笑顔あふれる未来へ」繋ぐことができるように、今現在できることを可能な限り実施いたしました。その中での良かった点や反省などを活かし、次年度は今回よりもより一層パワーアップした素晴らしい学園祭を開催したいと考えております。

 最後になりますが、ご協力いただいた企業各社様、イベントに参加していただいた学生、教職員の皆様に、実行委員会一同心より御礼申し上げ、はちがくフェス実行委員会を代表してのご挨拶とさせていただきます。誠にありがとうございました。

                           はちがくフェス実行委員会委員長 松尾 息吹

 

 

     

 

 

 

    

 

 

   

10月31日(土)オープンキャンパスを開催しました

 令和2年10月31日(土)、美保野キャンパスにおいて今年度初となるオープンキャンパスを開催しました。

 今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年とは異なり参加人数の制限及び時間短縮としての開催となりました。ご来場いただきありがとうございました。主な内容は学科紹介、体験授業、施設見学で参加者の楽しみながら授業を受け、個別相談の際にも積極的に質問する姿が多くみられました。

(※新型コロナウイルス感染予防対策として検温・手指の消毒・ソーシャルディスタンス・マスク着用必須など徹底したうえでの開催)

 現在、次回のオープンキャンパスの開催は3月を予定(詳細は未定)していますが新着情報が整い次第、随時ホームページに掲載しますので是非ご覧ください。また、今回お申し込みいただけなかった皆様にもご参加できる内容も今後検討していく予定です。

 

 

【オープンキャンパスの様子】

 

 

幼児保育学科 「体験授業(創造力を引き出す教育)の中でモノづくり体験の様子」

   

 

 

介護福祉学科 「学科説明・介護食体験の様子」

   

 

 

 

受付・学生スタッフ集合写真

   

 

 

 八戸学院大学ホームページでは、オープンキャンパスの他にも様々な情報を掲載しています!

 気になる方はチェックしてみてくださいね♪

 

 八戸学院大学オープンキャンパスの様子はこちら。

【学生向け情報】新型コロナウイルス感染への対応について[6月19日更新]

学生のみなさんへ

本日(6月19日)より、新型コロナウイルス感染拡大防止のための国や県からの
活動自粛要請がより解除され、人との接触機会が増えていきます。

今後は、一人一人が自覚を持ち、身体的距離の確保・マスク着用・手洗いを基本
とする「新しい生活様式」を行うことがより重要です。

改めて、本学としての感染防止対策についてお知らせしますので、確認をお願
いします。なお、今後状況に変化があれば、追加や変更の連絡をする場合があ
りますので、お知らせを確認するようにしてください。

日常生活について

・感染防止対策 従来通りマスクの着用、手洗い、人との距離の確保などの「新しい生活様式」の
 徹底が前提となります。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html
・毎日の健康記録・行動記録
 検温、健康観察の結果、一日の行動・移動記録をするようにしてください。学内や
 地域で感染拡大した場合に、接触者の特定を容易にし、感染拡大防止につなげるた
 めです。
・地域の感染状況に注意し、感染が流行している地域への移動、感染が流行している
 地域からの移動を控えてください。
・外出時はマスクを着用し、混んでいる時間を避けて行動しましょう。
・マスク着用による熱中症にならないように、周囲の人と距離を十分にとった上で
 適宜マスクを外して休憩をしましょう。
・アルバイトを新たに始める場合は教務学生課へお知らせください
 ※既に教務学生課へ届出ている場合は、改めて連絡の必要はありません。

講義について

・体調不良や発熱のある場合は出校しないでください。
 この場合の欠席は、通常の欠席扱いにせず課題学習等で対応予定ですので、
 担当教員の指示に従ってください。
 ※欠席する場合は必ず大学または短期大学部へ連絡をお願いします
・引き続き、大学や教室内に入室する際は手洗い、手指消毒を行ってください。
・マスクを着用し、咳エチケットを徹底するようにお願いします。
 講義中に息苦しさを感じたり、気分が悪くなりそうな場合はマスクを外しても
 構いませんが、近距離で会話をする際にはマスク着用をお願いします。
 マスクを準備できない場合は、教務学生課または短大事務室へご相談ください。
・座席は指定された場所に座り、指定のない場合は1席分空けて着席してください。
・1時間に1回以上の換気を行います。
・実習・実技科目のうち、身体接触・対話・発声などを行う場合には、担当教員
 の指示に従い感染対策を行ってください。
・課題学習やオンライン講義の実施について担当教員の指示に従ってください。

部活動について

・各部活動において感染対策をしっかり行ってください。
・なお、諸活動については、スポーツ庁の留意点などを参考にして行ってください。
 ※新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について
  https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/jsa_00010.html
・学外で活動したい場合(遠征含む)は教務学生課へ届出を提出し、許可を得てください。
 ※ただし、状況によっては練習(遠征)を許可しない場合もあります。
・寮内では、集団感染を発生させないよう、各自の健康管理や、感染防止に向けた
 取り組みを引き続き行ってください。

学外実習等について

・各実習担当からの指示を守り、感染防止に努めてください。

通学について

・スクールバスや公共交通機関を利用する場合、必ずマスクを着用し、
 手洗い、手指消毒を実施してください。
・可能な限り換気や身体的距離の確保に努めるようにお願いします

 

 2020年6月19日 教務学生課

【学生向け情報】新型コロナウイルス感染への対応について[6月1日更新]

学生のみなさんへ

熱中症予防の観点からマスク着用に関しまして、5月27日に配信した感染予防対策等の
方針を次の通り更新いたします。
なお、今後変更や追加連絡がある場合もございますので、お知らせを確認するように
してください。

【変更点】講義について(3点目)
・マスクを着用し、咳エチケットを徹底するようにお願いします。講義中に息苦しさ
 を感じたり、気分が悪くなりそうな場合はマスクを外しても構いませんが、近距離
 で会話をする際にはマスク着用をお願いします。
 マスクを準備できない場合は、教務学生課または短大事務室へご相談ください。

 

日常生活について

・感染防止対策
 感染防止の3つの基本(身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い)など「新し
 い生活様式」の実践例に従い各自感染対策を行ってください。詳細は、厚生労働
 省Webサイトをご参照ください。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html
・毎日の行動記録
 検温、健康観察の結果、一日の行動を記録するようにしてください。学内や地域
 で感染拡大した場合に、接触者の特定を容易にし、感染拡大防止につなげるため
 です。
・県外へ出かける(通学を除く)場合には大学へ連絡してください。移動地域の感染
 状況を把握し、感染予防に努めてください。なお、今後の状況によっては、移動後
 の自宅待機を要請することがあります。
・学外で人に会う場合には、相手の感染防止対策も確認してください。特に感染拡
 大地域から移動してきた人との接触には注意してください。
・正確な情報収集を心がけ、偏見・差別を生じることのないようにしてください。
・アルバイトについては自粛要請を解除します。ただし、感染防止対策が十分に行
 われているか確認するため、アルバイトをする場合は教務学生課へ届出てくださ
 い。
 ※既に大学へ届出ている場合は、改めて届出の必要はありません。

 

講義について

・毎日健康観察を行い、体調不良や発熱のある場合は出校しないでください。
 この場合の欠席は、通常の欠席扱いにせず課題学習等で対応予定ですので、
 担当教員の指示に従ってください。
 ※欠席する場合は必ず大学または短期大学部へ連絡をお願いします。
・講義開始にあたり、大学や教室内に入室する際は手洗い、手指消毒を行ってくだ
 さい。
・マスクを着用し、咳エチケットを徹底するようにお願いします。講義中に息苦しさ
 を感じたり、気分が悪くなりそうな場合はマスクを外しても構いませんが、近距離
 で会話をする際にはマスク着用をお願いします。
 マスクを準備できない場合は、教務学生課または短大事務室へご相談ください。
・座席は指定された場所に座り、指定のない場合は1席分空けて着席してください。
・1時間に1回以上の換気を行います。
・講義によっては、開講学期や教室が変更となる場合があります。変更内容につい
 ては別途ご連絡します。
・実習・実技については、身体接触・対話・発声などを行う場合には、担当教員の
 指示に従い感染対策を行ってください。
課題学習やオンライン講義の実施について担当教員の指示に従ってください。

 

部活動について

分散練習や時差練習などの感染拡大防止対策を講じて段階的に活動を再開します
 ので、各部活動指導者の指示に従ってください。
・なお、諸活動については、スポーツ庁の留意点などを参考にして行ってください。
 ※新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について
  https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/jsa_00010.html
・活動場所の学内限定を解除します。ただし、学外で活動する場合は教務学生課へ
 届出を提出し、許可を得てください。
・寮内では、集団感染を発生させないよう、各自の健康管理や、感染防止に向けた
 取り組みを行ってください。

 

学外実習等について

・地域や時期、実習内容等により検討し、各実習担当から連絡します。

 

通学について

・スクールバスや公共交通機関を利用する場合、必ずマスクを着用し、
 手洗い、手指消毒を実施してください。
可能な限り換気や身体的距離の確保に努めるようにお願いします。

 

夜間休日の緊急連絡番号の終了について

 休校期間中にお知らせしておりました、次の緊急連絡窓口については、
 2020年5月29日(金)19:00をもって終了しました。
 <<夜間・休日緊急連絡先 090-5831-5406 >>

 

 2020年6月1日 教務学生課

【学生向け情報】新型コロナウイルス感染への対応について[5月27日更新]

学生のみなさんへ

全国において緊急事態措置が解除となったことに伴い、5月19日に配信した感染予防対策等の方針を次の通り更新いたします。なお、今後変更や追加連絡がある場合もございますので、お知らせを確認するようにしてください。

 

日常生活について

・感染防止対策
 感染防止の3つの基本(身体的距離の確保、マスクの着用、手洗い)など「新し
 い生活様式」の実践例に従い各自感染対策を行ってください。詳細は、厚生労働
 省Webサイトをご参照ください。
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html
・毎日の行動記録
 検温、健康観察の結果、一日の行動を記録するようにしてください。学内や地域
 で感染拡大した場合に、接触者の特定を容易にし、感染拡大防止につなげるため
 です。
・県外へ出かける(通学を除く)場合には大学へ連絡してください。移動地域の感染
 状況を把握し、感染予防に努めてください。なお、今後の状況によっては、移動後
 の自宅待機を要請することがあります。
・学外で人に会う場合には、相手の感染防止対策も確認してください。特に感染拡
 大地域から移動してきた人との接触には注意してください。
・正確な情報収集を心がけ、偏見・差別を生じることのないようにしてください。
・アルバイトについては自粛要請を解除します。ただし、感染防止対策が十分に行
 われているか確認するため、アルバイトをする場合は教務学生課へ届出てくださ
 い。
 ※既に大学へ届出ている場合は、改めて届出の必要はありません。

 

講義について

・毎日健康観察を行い、体調不良や発熱のある場合は出校しないでください。
 この場合の欠席は、通常の欠席扱いにせず課題学習等で対応予定ですので、
 担当教員の指示に従ってください。
 ※欠席する場合は必ず大学または短期大学部へ連絡をお願いします
・講義開始にあたり、大学や教室内に入室する際は手洗い、手指消毒を行ってくだ
 さい。
・マスクを必ず着用し、咳エチケットを徹底するようにお願いします。
 マスクを準備できない場合は、教務学生課または短大事務室へご相談ください。
・座席は指定された場所に座り、指定のない場合は1席分空けて着席してください。
・1時間に1回以上の換気を行います。
・講義によっては、開講学期や教室が変更となる場合があります。変更内容につい
 ては別途ご連絡します。
・実習・実技については、身体接触・対話・発声などを行う場合には、担当教員の
 指示に従い感染対策を行ってください。
・課題学習やオンライン講義の実施について担当教員の指示に従ってください。

 

部活動について

・分散練習や時差練習などの感染拡大防止対策を講じて段階的に活動を再開します
 ので、各部活動指導者の指示に従ってください。
・なお、諸活動については、スポーツ庁の留意点などを参考にして行ってください。
 ※新型コロナウイルス感染対策 スポーツ・運動の留意点と、運動事例について
  https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/jsa_00010.html
・活動場所の学内限定を解除します。ただし、学外で活動する場合は教務学生課へ
 届出を提出し、許可を得てください。
・寮内では、集団感染を発生させないよう、各自の健康管理や、感染防止に向けた
 取り組みを行ってください。

 

学外実習等について

・地域や時期、実習内容等により検討し、各実習担当から連絡します。

 

通学について

・スクールバスや公共交通機関を利用する場合、必ずマスクを着用し、
 手洗い、手指消毒を実施してください。
・可能な限り換気や身体的距離の確保に努めるようにお願いします

 

夜間休日の緊急連絡番号の終了について

 休校期間中にお知らせしておりました、次の緊急連絡窓口については、
 2020年5月29日(金)19:00をもって終了といたします

 <<夜間・休日緊急連絡先 090-5831-5406  >>

 

 2020年5月27日 教務学生課