OB・OGメッセージ

 

幼児保育学科

 

幼稚園教諭をめざすきっかけになったのは、中学生時代に幼稚園で働く先生から仕事の話を聞く機会があり、将来は自分も幼稚園で働きたいと強く感じたからでした。短大時代の教育実習でも子供たちの笑顔に触れ、教えることの楽しさにも触れ、一層その思いが強くなりました。 日々の仕事は毎日新しいことの連続で、気付きもあれば反省することもあります。子どもたちに対する接し方や指導の在り方、教育・保育についても考えさせられることが多くあります。そんな中でも子供たちが元気よく挨拶をしてくれたり、笑顔で自分の名前を呼んでくれた時などは本当にこの仕事をしていて良かったと実感し、やりがいを感じます。将来、幼稚園教諭をめざしている高校生の皆さんには、将来の目標へ向けて失敗を恐れずに何事にもチャレンジし、ぜひ自分自身の夢をかなえて欲しいと思います。

 

八戸学院聖アンナ幼稚園  勤務   
長島 はる香さん(2011年03月卒)

 

 

ライフデザイン学科

 

最初は社会ということに不安もあり、年が近い人もいなかったのでなかなか馴染めない時期もありましたが、関わりをもっていくうちにその不安は解消されていきました。たくさんの人と関わっていくことでたくさんの刺激を受け日々頑張っています。キャリア支援課の人たちは話がしやすく、やりたいことや進路について、自分が考えていることや不安なことなどなんでも話を聞いて相談に乗ってくれます。企業についての知識もなく、就職活動も不安なことが多くても安心して活動することができました。ライフデザイン学科ではビジネス系や介護系、食や観光など幅広いことを学べるところだったので、将来やりたいことがなかなかみつからなかった私みたいな人にはぴったりだと思いました。

自分の向き不向きなどはわからないものだと思います。この学科で何でもやってみるということを大切にし、楽しんでいるうちに興味がわいてくるものがでてくると思います。私の場合はもっとレベルアップしたいと思ったので大学に編入学することを決めました。大学ではより深い知識を学ぶことができ、さまざまな人と関わる機会もできました。やりたいことが発見できてそこに向かって学べる場所だと思うので、毎日楽しみながら成長できると思います。

 

三八五流通株式会社   勤務    
久保田 知佳さん(2012年03月卒)

 

 

看護学科

 

学生時代は自分で上限を決めて、ゆっくりとしたペースで勉強していましたが、仕事に就いてからは高いレベルでの能力を求められるので、学生時代以上に高い意識でスキルアップをめざしています。就職活動で印象に残っているのは、先生やキャリア支援課の方々に小論文の書き方などについてアドバイスや指導を受けた点です。自分では小論文を書くのがあまり得意ではなかったのですが指導を受けているうちに自信もつき、就職活動に前向きに取り組むことができました。現在は、看護師として日々勉強の毎日です。1年目は自分の知識や経験不足から迷ったり悩んだりすることもたくさんありましたが2年目になり、自信もついてきました。自分が担当している患者さんが退院するときなどに本人や家族の方々から感謝の言葉を貰ったり、自分が行ったケアの成果が出た時などはとてもやりがいを感じます。

 

十和田市立中央病院  勤務     
宮 未来子さん(2016年03月卒)