各種相談窓口

本学では、学生の皆さんが心身の健康を保ち、安心して快適な学生生活を送ることができるようサポート体制を整えています。

 

学生窓口(ワンストップサービス)

短大の学生窓口では、各種届出、各種証明書の申し込みの他、勉強のこと、生活のこと、「こんな時どうすればいい?」など、学生の相談に学生支援員が幅広く応じます。

 

  • 受付時間 8:40~16:30(月~金曜日) ※祝日を除く

 

保健室

キャンパス内にある幼児保育学科棟の1階には保健室があり、急な体調不良やケガの応急処置をします。保健室の先生と雑談をしたり、「身長を測りに来ました!」など、気軽に出入りできます。  

オフィスアワー

先生ごとに、必ず在室する曜日と時間を決めておく「オフィスアワー」。勉強のこと、就職のことなど、先生が質問や相談に応じてくれます。人生の先輩としていろいろ話を聞くのも有意義。

 

学生相談・特別支援室

学業・心身の健康・進路・対人関係などの悩みに直面した時に、いつでも相談に応じられるよう「学生相談・特別支援室」を設置しています。

 

■入学希望者へのお知らせ

障害のある方への合理的配慮のご案内

 

 学生相談・特別支援室では、障害(※)があり、修学に関する合理的配慮(障害による困りごとへの配慮)を希望する人に対して、本人が望む学生生活が送れるように障害の特性に応じた支援の調整を行っています。                      

 大学生としての学びに向けては、皆さんが想像している以上に様々なことを想定しておく必要があります。入学が決まりましたら、早い段階で支援の方向性が決まることで、安心して学生生活に臨めることと思います。

 本学各学科における授業や学生生活の状況をお話ししながらそのお手伝いをさせていただきますので、遠慮なく連絡してください。

 入学後のご相談も受け付けますが、その際には対応まで時間がかかる場合がありますので、ご了承願います。

 

※「障害」には、身体障害、発達障害、その他の精神障害などが含まれます。

 

リメディアル教育の充実

「短大の勉強について行けるかなぁ…」「短大の授業は難しいかな…」という不安はつきもの。八戸学院大学短期大学部の教養教育・リメディアル委員会では、基礎学力が向上するように寄り添い、意欲的に専門分野の勉強に取り組む姿勢を育てます。