理念・目的・目標・方針

 

教育理念

将来に対する明確なビジョンを持ち、社会に貢献できる行動力、理論的に問題解決ができる思考力を養い、資格取得に直結する科目を履修することで、自己のライフデザインと職業観の確立を目指す。

 

 

教育目的

ライフデザイン学科は、自立した個の確立を目指して、人生や生活をデザインできる知識や技術を学修し、実践等を通して、進んで社会に貢献する行動力とバランスある思考力を有する人材の育成を目的とする。

 

 

教育目標

  1. 自らの意志と判断に基づいて行動できる人材を育成する。
  2. 豊かな生活を創造し、環境や自分自身の変化に柔軟に対応できる能力を育成する。
  3. 各分野の基本となる資格取得に直結対応したカリキュラム編成により、地域社会で活躍できる実践力のある人材を育成する。

 

 

三つのポリシー(方針)

 

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

  1. 教養とスキルを身につけ、人生や生活を主体的にデザインできる。
  2. 将来に対する明確なビジョンをもち、社会に貢献できる行動力と論理的に問題解決ができる思考力を有する。
  3. 社会で必要とされる各分野での専門的知識および基礎的な実践力を身につけている。

 

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. 豊かな教養と人生のデザイン力をもった社会人育成のために、教養科目に社会学、キャリアプランニングを配置し、専門科目では、ライフデザイン論、コミュニケーション論を必修とする。
  2. 社会に貢献できる能力を育成するために、専門関連科目として、ゼミナールⅠ~Ⅳを必修科目として配置する。
  3. 現代社会に必要とされる能力の育成のために、資格取得直結型カリキュラムを配置し、「食と観光」、「健康と医療」、「ビジネススキル」のコースをおく。

 

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)と判定方法

 自己の将来を想像し、資格を取得する強い意志を有し、社会において活躍しようとする意欲がある人を受け入れる。

 

【ライフデザイン学科の具体的な受け入れ方針】

  1. 将来を創造し、積極的に社会貢献を実践する意欲がある。
  2. 資格取得を中心とする「人生の得意技」を身につける強い意志がある。
  3. 「読む、書く、聞く、話す」などの基本的なコミュニケーション能力を有する。
  4. 高等学校で学習した主要科目について、十分な基礎学力を身につけ、基礎的な課題を解くことができる。

 

【入学者選抜における判定方法】

  1. 将来を創造し、積極的に社会貢献を実践する意欲については、書類審査と面接により判定する。
  2. 資格取得を中心とする「人生の得意技」を身につける強い意志については、書類審査と面接により判定する。
  3. 基本的なコミュニケーション能力については、書類審査と面接により判定する。
  4. 高等学校で学習した主要科目について、十分な基礎学力を身につけていることについては、書類審査と学力検査により判定する。