杉山 幸子

2022年04月01日現在

氏名 杉山 幸子(スギヤマ サチコ/Sachiko SUGIYAMA)
所属/職位

八戸学院大学短期大学部 学長

八戸学院大学短期大学部 幼児保育学科/教授

最終学歴/学位 東北大学大学院文学研究科博士課程後期3年の課程/博士(文学)(東北大学)
主な経歴

1993年04月 東北大学 文学部 助手
1998年04月 岩手大学 人文社会科学部 非常勤講師
2005年04月 八戸短期大学(現 八戸学院大学短期大学部)講師
2007年04月 八戸短期大学(現 八戸学院大学短期大学部)准教授
2011年04月 八戸短期大学(現 八戸学院大学短期大学部)教授

2018年04月 八戸学院大学短期大学部 副学長

2019年04月 八戸学院大学短期大学部 学長

2022年04月 八戸学院幼稚園 園長(兼務)

現在に至る

主な所属学会

日本心理学会、日本発達心理学会、日本社会心理学会、東北心理学会

連絡先 TEL:0178-25-4411(短期大学部)
FAX:0178-25-2220(短期大学部)
E-mail sugi@jc.hachinohe-u.ac.jp
専門分野発達心理学、発達社会心理学
研究テーマ幼児期における死の理解の発達、宗教性の発達
担当科目
(2022年度)
発達心理学、幼児理解の理論と方法、心理学、教職・保育実践演習
※八戸学院大学健康医療学部:心理学実習、教育心理学

主な研究業績

区分著書、学術論文等の名称単/共発行・発表年月発行所、発表雑誌・学会等
著書宗教心理学概論2011年11月ナカニシヤ出版

著書

社会心理学概説2007年02月北大路書房
競争的資金宗教心理学の体系化に関する研究2004年3月平成17年度科学研究費補助金(基盤研究(C)企画調査)研究成果報告書
著書

新宗教とアイデンティティ

※第9回日本社会心理学会島田賞を受賞

2004年02月新曜社
論文

日本における宗教心理学の歴史と現状

2001年12月心理学評論第44巻

最近の研究業績

区分著書、学術論文等の名称単/共発行・発表年月発行所、発表雑誌・学会等
シンポジウム障害のある人にとっての死・死別-死生の多様性を考える-2021年3月日本発達心理学会第32回大会
論文自閉症スペクトラム児・者における死の理解について(2)ー「未来の死」への気づきー2017年3月八戸学院短期大学研究紀要第44巻
論文自閉症スペクトラム児・者における死の理解について(1)―死別経験への反応―2016年3月八戸学院短期大学研究紀要第42巻
その他青年期発達百科事典2014年3月丸善出版
実践報告幼児を対象にした箱庭遊びの試み2014年3月八戸学院短期大学研究紀要第38巻
論文幼児はどのようにして「死」に気づくのか―テキストマイニングによるエピソードの分析―2013年10月八戸学院短期大学研究紀要第37巻
論文家庭における幼児期の「いのちの学び」について2011年03月八戸短期大学研究紀要第33巻
論文大学生の死の不安と死にまつわる経験との関係について2010年03月八戸短期大学研究紀要第32巻

主な社会活動

項目期間
東北心理学会 理事2016年~現在
令和3年度公益財団法人 日本高等教育評価機構 評価員2021年
教員免許状更新講習 必修領域「子どもの変化についての理解」講師2009年~2019年
平成29年度一般財団法人 短期大学基準協会 第三者評価員2017年

自己紹介

今年度から系列の八戸学院幼稚園園長を兼務することになりました。幼稚園の実務に関してはまったく不慣れですが、子どもが笑顔で遊んでいる姿や、泣いている子どもが保育者に抱かれて泣き止む姿を見ては、「子どもから元気をもらう」という言葉を実感しています。

今後は幼稚園と短大の連携を深めて、双方の教育の質の向上につながるような機会をたくさん作るのが目標です。また、個人的な研究テーマである「幼児期のいのちの学び」についても、ぜひ現場で深めていきたいと思っています。